Instagram
Instagram
INTERVIEW INTERVIEW

INTERVIEW

田中シェンさんが語る
メガネって、こんなに楽しい!

学生時代はファッションデザイナーになるために学び、アパレル企業のデザイナーを経てファッションモデルになったという、とにかくファッション好きなモデル・田中シェンさん。今回、「2019 AUTUMN&WINTER COLLECTION」のイメージモデルを務める彼女に、ファッションと合わせてメガネを楽しむ秘訣や、おすすめのメガネの選び方などをインタビューしました。

-メガネは何本持っていますか?

3本です。私は視力が良いので、全部伊達メガネなんです。メガネをかけている人って羨ましいなあって学生時代から思っていて、いよいよ「欲しい!」と思った時に初めてメガネ屋さんに行ったのですが、視力検査をしたら、あなたには度入りのメガネは必要ないですって言われちゃったんです。でも私は度入りのメガネがどうしても欲しくて、店員さんに「そこをなんとか」なんて言って(笑)。その時に思っていたメガネの魅力って、仕事が終わって帰宅してからかけるような、いわば“プライベート感”だったんです。そして、度が入っているとよりプライベート感が強調される気がして、そこにとても憧れたんですよ。もちろん今では、きちんと伊達メガネをすすめてくださった店員さんに感謝していますが(笑)、メガネには人を強く惹きつける、不思議な魅力が詰まっていると思いますね。

-普段のファッションとメガネを
どのように組み合わせているのですか?

独特かもしれませんが、その日のコーディネートを考える時に、私は服からではなく、メガネから選ぶんですよ。メガネはファッションアイテムだと私は思っているのですが、先ほど言ったように視力が良いので、決して毎日かける訳ではありません。大体、週に1〜2回でしょうか。毎日かけるものではないからこそ、かけたいと思った時は主役にしたくなる。だから、メガネから選びます。メイクももちろん変えますよ。メガネが主役だから、いつも以上にナチュラル系にしつつ、濃い色のリップをポイントで使ったりして。先ほど、メガネにあるプライベート感が好きだと言いましたが、言い方を変えると、色気があると思うんです。かけるだけでいつもの自分をガラッと変えられるし、その変化の幅を楽しめる人って、とても色っぽいと思いませんか?私もそんな、魅力溢れる人になりたいなあって思いながら、メガネを純粋に楽しんでいます。

-今回、rim of jinsのメガネを使った
スナップ写真をご自身で撮ってくださいましたが、
お気に入りの一枚はありますか?

一番、普段の自分らしいのは、TOWN、つまり街歩きをするような時のファッションをテーマに撮った一枚ですね。まさにこんな感じで出歩いているので、とてもナチュラルに撮れたと思います。これから旅行に出かけるような、TRIPがテーマのものも撮っていて楽しかったです。カラーレンズなのがお気に入りで、なんだか無条件におしゃれに見えるのが良いなあと思って(笑)。SNS映えみたいな観点も意識して撮ってみたのですが、いかがでしょうか。OFFICEをテーマにした一枚は、普段の私とは最もかけ離れていますが、それがまた良かった。新しい自分を見つけられたような気がして、こういうこともメガネを楽しむ醍醐味だなあって思いました。rim of jinsはTOWN・OFFICE・TRIPの3つのテーマでメガネを展開していて、わかりやすくて良いですよね。私も普段は、その日の予定に合わせてメガネを選ぶことが多いので、スナップを撮る時も違和感なく楽しめました。

  • TOWN
  • OFFICE
  • TRIP

-ずばり、メガネの魅力ってなんでしょう?

色々ありますが、一言で言えば「なりたい自分に近づくことができる、一番の味方」であることだと思います。メガネには、顔の印象をガラッと変えるくらいのパワーがあるので、もし、ご自身のルックスで気になる部分があったり、いつもの自分にどこか物足りなさを感じた時は、どんどんメガネをかけてみてください。きっと、理想の自分に出会えるはずです。そして、なりたい自分になれると、自分の活動領域が広くなって、暮らしがもっと楽しくなります。行ったことのない場所に行ってみようとか、新しい人と会ってみようとか。そうやって毎日が輝いていくきっかけが、メガネをかけることで訪れるかもしれないって、考えるだけでワクワクしませんか?私はこれからも、素敵なメガネをかけて常に新しい自分を見つけたいと思います。時には、似合わないかもしれないって思ったメガネにもあえて挑戦してみたり。メガネだからといって難しく考える必要はありません。ファッションのように、直感的に「好きかも!」と思ったメガネを自由にかけてみるだけです。何なら、お店に並んでいるメガネを全部試してみたって良いじゃないですか(笑)!

田中シェン
鹿児島県出身。中学からアメリカで学生時代を過ごし、英語、中国語、日本語を操るトリリンガル。モデル活動に加え、イラストレーターとしても人気。最近は、女優としても活躍の幅を広げている。独自のセンスにも定評があり、インスタグラムは海外のファンも多い。